企業概要

About us

有限会社 ティー・アイ・ティー ( 英語表記 T.I.T. Inc. )
代表者 代表取締役 冨手 栄一
所在地 秋田県秋田市新屋田尻沢西町5-4
電話番号 018-828-8782(代表)
資本金 3百万円
設立 平成15年2月13日
事業内容
  • ソリューション事業
  • Web事業
  • マーケティング事業
  • 電子商取引事業
  • 通信事業
  • PC/OA機器販売
  • コンサルティング業務
  • 外国語翻訳事業

社名由来
「T.I.T」は、古代語の「創造の根源」に由来しています。また、事業基盤の「Theory of Everything」「Intelligence」「Technology」の頭文字と共通していることから、T.I.T. Inc.となりました。

企業信念

Philosophy

企業理念

  • 法を厳格に遵守し、社会の模範となる
  • 地域に根ざした企業活動を通じて、経済・社会の発展に貢献する
  • お客様の立場で考え、行動する
  • 自ら考え、行動する
  • 失敗を恐れず、新しいことにチャレンジする
  • オープンでフェアな企業活動を通じて、国際社会から信頼される企業市民をめざす
  • 労使相互信頼・責任を基本に、個人とチームワークを最大限に高め、成長と自己実現を支援する

事業信念

  • お客様、取引先、社員との共存共栄を実現し続ける
  • 信頼される企業であり続ける
  • コスト(時間コスト)削減と効率(生産性)向上の提供する企業であり続ける
  • 魅力ある商材で、適切な営業活動で、適正な利益を、社会に還元する

沿革

History

2016年
12月 : 北米での事業調査開始
2015年
01月 : R&D(Debian等のエンタープライズ活用の研究開発)
06月 : R&D(音声マーケティングの研究開発)
2014年
01月 : R&D(新規デバイス・IoT研究開発、脳と動作の研究、光子及び磁気の研究)
02月 : 中華人民共和国での事業を開始
2013年
05月 : スマートフォンアプリの開発(iphone&Android)
03月 : SaaSの提供開始
2011年
03月 : 東日本大震災復興支援のため一時業務の休止
02月 : 翻訳業務(計11か国:タイ語、台湾華語追加)
2010年
10月 : 翻訳業務(計9か国:ロシア語、アラビア語追加)
2009年
03月 : 翻訳業務(7か国:英語、フランス語、ドイツ語、インドネシア語、マレーシア語、中国語、韓国語)
2008年
05月 : ヤフー株式会社「Yahoo! グルメ、Yahoo! クーポン」販売代理店業務開始
2007年
11月 : ヤフー株式会社「Yahoo! 電話帳」販売代理店業務開始
01月 : フュージョンコミュニケーションズ株式会社「モバイルチョイス」取扱開始
2006年
10月 : 本社移転(秋田県秋田市)
05月 : システム・アプリケーション開発事業開始
04月 : フュージョンコミュニケーションズ株式会社 販売代理店業務開始
2005年
09月 : ヤフー株式会社「Yahoo! Shopping」販売代理店業務開始
04月 : デバイスハードウェア部門の提供開始
02月 : Weblog(Movable Type)事業開始
2004年
09月 : ソフトバンクテレコム(旧日本テレコム)株式会社 販売代理店業務開始
2003年
10月 : Yahoo! BB モバイルゾーン取次業務の開始
05月 : 本社事業所を移転(秋田県庁 第二庁舎3F)
03月 : Yahoo! BB/BBフォン一次代理店 プラチナ
02月 : 有限会社 ティー・アイ・ティー 設立
2002年
12月 : 平成十四年度 秋田県開店開業起業化支援事業対象企業選出

※フュージョンコミュニケーションズ株式会社は、楽天コミュニケーションズ株式会社に社名が変わりました。
※掲載されている会社名・商品名・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

告知

Notification

ポジション

導入事例・実績の完全非公開

 当社は、お客様企業・組織のコア(核)となる情報という部分を、あらゆる形でご提供しています。 その為、各法人・組織の目標・戦略・戦術を、Web上、及び現実空間で展開します。
 お客様が、どのようなものを導入し、如何に活用するかを事例として公開することは、お客様の競争力向上の阻害要因になると考えています。
 成長のあらゆるリスクの想定を排除します。よって、一切公開を行っておりません。

完全独立系

 当社は、これまで、下請けを行っていません。また今後もその方針です。すべての案件は、お客様から直接発注頂いたもののみで、密接に現場と意見交換を行います。
 また、パッケージ等の販売も行っておりません。当社の案件の多くは、ゼロからお客様に応じたサービスをつくり上げます。尚、必要な場合は、お客様の状況に応じて、弊社の交流のあり、技術力のある企業様をご紹介しています。

案件の価格交渉について

 当社は、価格を、価値と根拠に基づいて設定しています。
 尚、弊社基準の継続的にお取引があるお客様の場合は、企業戦略等の予測で、事前構築の必要性や、早急な競争力向上の為に値段交渉に応じています。

開発からリリースについて

1.基本型自社開発

 構築プロセスコストのあらゆる最小化を図る為、資料類、決定、コミュニケーション方法など、独自手法で行います。
 常にハイスピードに進みます。無駄な打ち合わせ(共通時間の照合)や資料(作成から稟議等)は、最小です。但し、この方法は開発コストが下がり、短期化できますが、いくつかの条件(決定が二転三転しない。後から決定を覆さない等。)の、弊社基準を満たした場合になります。

2.一般型開発

 構築プロセスを一つ一つ確認しながら、完成まで精確にステップアップしていきます。通常の開発手法です。

対外的な方針
  • 弊社より、お約束のない訪問や、電話による営業活動は行いません。
  • 広告・宣伝による営業活動は基本的に行いません。尚、社会貢献及び社会に還元する意味での広告は、その限りではありません。
  • 新聞、テレビ等の取材や出演は、すべてご遠慮させて頂いております。
  • 講演のご依頼は、すべてご遠慮させて頂いております。
  • 反社会的組織とのお取引は行いません。
  • その他、不適切と思われる行為等を行う組織とはお取引は行いません。又行っていた場合は停止します。
  • 弊社内部情報は、公開していません。よって企業・市場調査等に協力は行いません。